、イ ハウスを利用した新作型開発

、イ ハウスを利用した新作型開発

県名青森県
研究機関名青森県農林総合研究センター畑作園芸試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜22
年度2007
概要目的:貯蔵期間後期に障害発生率が高まるため、ハウス栽培により収穫時期を前進化させ、周年出荷体制を確立する。今年度はりん片分化期前後の温度管理を検討する。、成果:2月中旬からりん片分化期の3月22〜23日までのサイド開閉設定は20℃が15℃より生育が上回り、収量が高かった。外観品質に差はなかった。
研究分担栽培部
予算区分県単
業績(1)ニンニクの無加温ビニルハウス栽培における種球としての側球及び珠芽の生産性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030136378
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat