イ.交配育種のための花芽形成等を誘導する環境要因の解明、(ア)球形成・抽だい等に及ぼす温度の影響

イ.交配育種のための花芽形成等を誘導する環境要因の解明、(ア)球形成・抽だい等に及ぼす温度の影響

県名青森県
研究機関名青森県農林総合研究センター畑作園芸試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜20
年度2007
概要 ニンニクの日長・温度に対する球肥大や抽だいについてポット試験で検討した結果、処理による差はあったものの、花芽形成には至らなかった。生育は軟弱であり、その要因として光量不足が考えられた。花芽形成には、環境制御と強健な生育を両立させる手法の検討が必要と考えられた。
研究分担作物改良部
予算区分県単
業績(1)ニンニクの生育及び花序形成に及ぼす日長と温度の影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030136400
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat