外来魚被害対策事業

外来魚被害対策事業

県名青森県
研究機関名青森県水産総合研究センター内水面研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H10〜
年度2007
概要目的:ブラックバス等外来魚の生態調査や駆除を行い、在来魚への被害軽減や分布拡大を防止する。 成果:小川原湖では定置網等でオオクチバスが1,952尾が採捕され、今まで確認されていなかった稚魚が出現した。根岸堤ではオオクチバスとブルーギルが多量に捕獲されており、稚魚の出現状況等から産卵期が推定された。
研究分担調査普及部
予算区分県単
業績(1)外来魚被害対策事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030136856
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat