細断型ロールベーラ等を活用したトウモロコシサイレージ多給短角牛の安定生産と地域ブランドの確立

細断型ロールベーラ等を活用したトウモロコシサイレージ多給短角牛の安定生産と地域ブランドの確立

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H19〜22
年度2007
概要【目的】岩手県岩泉町もしくは近隣市町村において、新技術の活用やコントラクターの組織化によりトウモロコシ生産の拡大を推進し、収穫調製されたトウモロコシサイレージを短角牛に多給することで、自給飼料を十分に活用した、飼料自給率の高い牛肉生産に取り組んでいく。そして、生産された牛肉を安定的に提供していくことを通じて、地元をはじめ各地で消費されるよう販売促進に取り組み、その結果、地域ブランドとして確立し、地域産業振興に貢献することを目的とする。、【予定成果】トウモロコシサイレージ主体肥育の飼料給与技術、トウモロコシサイレージを多給して生産した牛肉の成分等の特徴を明らかにする。、
研究分担家畜育種
予算区分県単
業績(1)自給飼料を主体とした日本短角種の肥育技術について
(2)自給トウモロコシサイレージを活用した日本短角種の肥育特性とその牛肉成分
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030137036
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat