クラブリンゴの有効活用による授粉樹確保と花材としての新需要創出

クラブリンゴの有効活用による授粉樹確保と花材としての新需要創出

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜20
年度2007
概要 県内のリンゴ生産者のほとんどが「ふじ」を主力品種として栽培している。その際,「王林」,「さんさ」,「つがる」などの補助品種を混植し授粉樹としているが,農薬の散布時期の制限で異品種を混植するのが困難になっている。クラブリンゴ(=花リンゴ)を授粉専用樹として導入すれば,果実を収穫しないので薬剤散布時期の配慮が不要になり,単一品種の大面積導入が可能になる。近年の無登録農薬問題で,リンゴの授粉環境の改善が求められており,早急に研究成果を出す必要がある。、 クラブリンゴは花,果実,葉の形状が品種によって多種多様であり,見栄えも良い。したがって,授粉樹として導入した樹の剪定枝を花材として利用することが考えられ,副次的な収入が得られる。クラブリンゴの花は,同時期に出回るレンギョウ,ユキヤナギなどに比べて花色,ボリューム感に優れ,市場性があるので,花材としての利用方法を確立する。
研究分担園芸栽培部
予算区分県単
業績(1)クラブリンゴの開花時期と夏期せん定が腋花着生に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030137155
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat