寒冷地の施設イチゴにおける病害総合管理システムの体系化と実証

寒冷地の施設イチゴにおける病害総合管理システムの体系化と実証

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜21
年度2007
概要イチゴは生果を直接口にする果菜であるため、安全・安心なイチゴに対する消費者の要望は強い。そのため、天敵類等の生物機能や物理的手段を組み合わせることにより、化学農薬を大幅に低減可能な病害虫管理システムの開発を進めている。開発する管理システムを実用的なものとするためには、その有効性を現地において実用的見地から検証するとともに、問題点を技術開発の課題にフィードバックする必要がある。しかし、イチゴは全国で栽培されており、暖地と寒冷地では、栽培される品種、栽培法あるいは病害虫の発生種や発生様相が異なる。そのため、実用性の評価を暖地と寒冷地の2か所で実施する。本課題では寒冷地のイチゴを代表する宮城県において、寒冷地での栽培品種、栽培条件のもとで、寒冷地に特有な病害虫を対象として、生物資材を基幹とした病害虫総合管理システムを組み立て、その実用性を評価する。また、その利用マニュアルを作成して環境負荷低減型の安全、安心でかつ安定したイチゴ栽培システムを開発する。
研究分担園芸環境部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)米卸売業者が仕入時に重視する項目と品質ニーズ
(2)寒冷地の促成栽培イチゴにおけるミヤコカブリダニを基幹とした害虫総合管理体系
(3)イチゴ新品種「もういっこ」のうどんこ病,萎黄病,炭疽病の発病程度
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030137163
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat