東北地域における地下水位調節による大豆高品質・安定多収栽培技術の開発

東北地域における地下水位調節による大豆高品質・安定多収栽培技術の開発

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜22
年度2007
概要目的:地下水位調節が大豆の出芽率向上や初期生育,収量・品質に及ぼす影響を解析するとともに,大豆の生理・生育に応じた最適な土壌水分による高品質多収大豆栽培を確立する。、成果:地下水位調節による出芽促進効果が認められ,播種後の種子の吸水を促す効果だけでなく、クラストによる出芽阻害に対しても効果があることが示唆された。地下水位調節は標播において夏期の乾燥期間に根から吸収される窒素量がやや高まる傾向が認められ、大豆の安定生産に寄与する可能性が示唆された。作土内の土壌水分変化の推定にHYDRUS1Dを利用することにより作土深や土性の違うほ場の水移動の解析と,水位操作方法の検討に利用できる。
研究分担水田利用部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)地下灌漑システム利用による地下水位調節が雑草の出芽に与える影響
(2)地下灌漑システム利用による地下水位調節がダイズの出芽、生育に与える影響
(3)水田輪作における弾丸暗渠の排水効果持続性と施工意義
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030137199
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat