ほ場整備工事後のモニタリング調査

ほ場整備工事後のモニタリング調査

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜19
年度2007
概要目的:ほ場整備の新技術の事後調査を既存施設の維持管理や営農管理の状況と比較しながら行い、今後のほ場整備の計画・設計・施工・管理の基礎資料を得る。、成果:暗渠排水施設の経年変化調査では、もみ殻疎水材の劣化は畑作利用時に早く、水稲作時に遅い傾向が認められた。低密度暗渠と地下灌漑を組み合わせることで、工事コスト削減と生産性向上効果の両立の可能性が有ることが判った。暗渠もみ殻疎水材の開削充填機(モミタス)を開発し実用化に至った。
研究分担土壌肥料部
予算区分都道府県単
業績(1)暗渠排水モミ殻疎水材補充器「モミタス(仮称)」の開発
(2)技術レポート【暗渠もみ殻(疎水材)簡易開削充填機「モミタス」の開発】
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030137208
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat