野菜等のカドミウム吸収抑制技術の開発

野菜等のカドミウム吸収抑制技術の開発

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H19〜21
年度2007
概要目的:食品中のカドミウムの基準がCodex委員会で採択された。国内でも食品衛生法の改正が行われ,これまで基準のなかった野菜等についても基準値が設定される見込みであることから、アルカリ資材による効率的なカドミウム吸収抑制技術の開発に取組み,野菜等の可食部カドミウム濃度を低減し,安定生産・供給を目指す。、成果:地下水位制御の付帯工事を実施した圃場において,0.1M塩酸可溶カドミウム濃度が3ppm程度の土壌であっても作土pHを7.3程度に矯正し,地下水位を-30cmに保つと大豆子実のカドミウム濃度を0.2ppm程度まで低減できることを明らかにした。、
研究分担土壌肥料部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)灌水技術を併用した作物のカドミウム吸収抑制対策の可能性(2)抑制に必要な土壌のマクロpHは土壌水分上昇で低下するか?
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030137211
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat