汚染土壌修復目標値の現地検証試験

汚染土壌修復目標値の現地検証試験

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター農業環境研究部、研究企画部
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜19
年度2007
概要目的:カドミウムのファイトレメデーションによる修復目標値の検討や高吸収イネによる修復の現地実証を行うとともに土壌修復検定作物による検証法の確立を図る。成果:現地ほ場における3年間のファイトレメディエーション試験の結果、寒冷地(南東北地方)のカドミウム汚染ほ場におけるファイトレメディエーションに適した高吸収イネ品種は「ミナミユタカ」であることを明らかにした。またミナミユタカの移植は、稚苗が適していた。ミナミユタカ3作跡地に栽培した粳米の玄米カドミウム濃度は、ファイレメ無処理区に比べ24%低下していたことから、高吸収イネ品種を用いたファイトレメディエーションによるカドミウム汚染ほ場の修復効果が確認できた。、
研究分担食の安全研究科
予算区分受託
業績(1)キュウリ栽培における土壌残留性農薬(ドリン)の吸収抑制技術の開発―沖積土壌における活性炭を利用した吸収抑制技術ー
(2)活性炭と台木を利用したキュウリ果実へのドリン剤吸収抑制技術
(3)キュウリ栽培における土壌残留性農薬の吸収抑制技術の開発―活性炭による吸収抑制効果の限界とキュウリの吸収特性ー
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030137478
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat