花きの需要を創出する新品目の開発

花きの需要を創出する新品目の開発

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18-22
年度2007
概要目的:低温性花き類および新規露地花き類の本県における栽培適性を検討し、安定生産技術のを確立する。、結果:(1)春定植の露地栽培で、春夏期(5〜6月)に出荷可能な品目は、ドイツアザミ、セントウレア・イノスホワイト、セントウレア・イエローサルタンがあり、その定植時期は、ドイツアザミは3月下旬まで、セントウレア・イノスホワイト、セントウレア・イエローサルタンは4月中旬までに行う必要がある。(2)最低夜温5℃の施設栽培で、冬春期(11〜5月)に出荷可能な品目は、ストック、デルフィニウム、カンパニュラがある。このうち、ストックは8月上中旬播種で10月下旬〜12月下旬に採花できる。また、1月上旬より深夜4時間の暗期中断(22:00〜2:00)を組み合わせると、デルフィニウムは8月上中旬播種で1月下旬〜5月下旬、カンパニュラは8〜9月播種で4月中旬〜5月上旬に採花できる。、
研究分担作物園芸部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030137686
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat