伝統作物の特性解析と出荷時期拡大を目指した栽培技術確立

伝統作物の特性解析と出荷時期拡大を目指した栽培技術確立

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18-20
年度2007
概要結果:郡山市の伝統野菜である阿久津曲がりねぎは、盛夏期に斜めに移植する「やとい」作業により1月には葉鞘部が柔らかくなり、フルクトース、スクロースが増加し、これらは食味の向上をもたらしているものと推察された。その要因としては「やとい」作業のうち移植が影響しているものと考えられた。
研究分担作物園芸部
予算区分県単
業績(1)福島県在来ツケナ類(苔菜)の収穫時期の前進化技術
(2)盛夏期の移植が在来曲がりネギの生育と品質に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030137731
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat