沖合性底魚類の生態と資源動向の解明

沖合性底魚類の生態と資源動向の解明

県名福島県
研究機関名福島県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜22
年度2007
概要目的:主要底魚類の新規加入状況を把握し、漁業者の効率的利用を促進する。  、成果:調査船によるモニタリングでの幼稚魚採集尾数とその後の市場での漁獲水揚げ状況を整理し、幼稚魚採集尾数から新規加入水準を予測することが可能となった。ヤナギダコについては、常磐海域での成長にかかる生態特性を明らかにした。
研究分担水産資源部
予算区分国庫補助(農水省)
業績(1)沖合性底魚類の生態と資源動向の解明(新規加入状況)
(2)沖合性底魚類の生態と資源動向の解明(塩屋埼沖と鵜ノ尾埼の比較・中間報告)
(3)沖合性底魚類の生態と資源動向の解明(常磐海域におけるヤナギダコの生物特性)
(4)沖合性底魚類の生態と資源動向の解明(福島県におけるマダラの漁獲実態と新規加入状況)
(5)沖合性底魚類の生態と資源動向の解明(ズワイガニ漁業実態)
(6)相馬沖のトロール調査から
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030137776
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat