「嘉平」由来の抵抗性遺伝子を使った同質遺伝子系統の育成

「嘉平」由来の抵抗性遺伝子を使った同質遺伝子系統の育成

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター生物工学研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜21
年度2007
概要目的:DNAマーカーを用いた選抜によって「コシヒカリ」に陸稲「嘉平」のいもち病圃場抵抗性遺伝子を導入した同質遺伝子系統を育成する。 成果:組換え固定系統によるいもち病圃場抵抗性検定で、「嘉平」の圃場抵抗性 QTL,qBFR4-1はDNAマーカー約190kbに位置すると推定された。この領域を嘉平型に持つ組換え固定2系統の栽培特性は、生産力、収量構成要素等でコシヒカリと差が無く、食味も同等であった。
研究分担普通作育種研究室
予算区分受託(独法)
業績(1)陸稲「嘉平」のいもち病圃場抵抗性に関するQTL解析
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030137822
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat