ムギ類・ダイズの不耕起栽培における収量品質を高める栽培管理技術の確立と実証

ムギ類・ダイズの不耕起栽培における収量品質を高める栽培管理技術の確立と実証

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H19〜H23 
年度2007
概要目的:不耕起栽培を基軸とした水稲ー麦ー大豆の輪作体系で、収量・品質を安定化させる栽培技術を確立する。 成果:(1)水稲の不耕起乾田直播栽培では、緩効性窒素による全量基肥肥料で6kg/10aが収量、食味で優れた。(2)種子の加湿処理により、「タチナガハ」では過湿条件下での子葉の損傷が抑制され、「納豆小粒」では出芽率の低下が抑えられた。加湿処理による湿害回避効果は、播種後8時間以内に圃場が過湿になった場合と考えられた。
研究分担経営技術
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)種子の加湿処理による大豆の湿害回避技術
(2)播種時のダイズ種子水分が過湿条件下における出芽および生育に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030137889
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat