ウ.品質変動要因の解析と高位安定品質ビール大麦系統の作出

ウ.品質変動要因の解析と高位安定品質ビール大麦系統の作出

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜22
年度2007
概要目的:子実粗蛋白質含量及び麦芽品質の変動要因を明らかにし、変動の小さい高位安定品質系統を育成する。 成果:(1)凍霜害回避型に適した系統2系統、(2)湿害に強い系統6品種を選抜することができ、さらに秋播性を導入した系統の安定性を確認することができた。加えて、湿害に対する強さの検定法の有用性が確認できた。
研究分担ビール麦育種研究室・ビール麦品質研究室
予算区分受託(国、農林水産省)
業績(1)ビール大麦の耐湿性評価法及び育種素材
(2)ビール大麦の耐湿性評価法と耐湿性育種素材
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030138028
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat