(4)地域ブランド創出のための野菜・果樹・花きの優良品種の育成及び選定 ア.野菜の優良品種の選定

(4)地域ブランド創出のための野菜・果樹・花きの優良品種の育成及び選定 ア.野菜の優良品種の選定

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S42〜
年度2007
概要目的:主要な野菜の優良品種の選定を行う。 成果:きゅうりは、エナジーが対照品種のシャープに比べ収量は同等で果実は濃緑色で光沢があり品質が優れると判断した。促成トマトは、C3−409及び桃太郎はるかが多収で高品質であると判断した。半促成なすは、とげなし千両のがく割れ割合が高かったが可販果収量が多かったのでやや有望と判断し、単為結果性あのみのりがホルモン作業を省略でき収量が多いのでやや有望と判断した。春だいこんは春みのり及びKR-411、秋だいこんは冬自慢及び秋峠が収量・品質が優れた。
研究分担野菜研究室
予算区分県単
業績(1)春レタス2月どりの優良品種選定
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030138039
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat