(3)いちごの高品質安定生産技術の確立ア.夏秋どりいちご「とちひとみ(栃木18号)」の栽培技術の確立

(3)いちごの高品質安定生産技術の確立ア.夏秋どりいちご「とちひとみ(栃木18号)」の栽培技術の確立

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H17〜19
年度2007
概要目的:育苗及び本圃管理技術の確立する。合わせて生育障害発生要因を解明する。 成果:定植時期を4月中旬とし、第一花房の着果時の芽数を3つ程度とした。花房は、6月上旬までのは全て摘除した。その後は2週間間隔で1花房とし、9月以降は放任とした。以上の栽培管理により、10アール当たり3.5トン以上の販売収量を得た。
研究分担黒磯分場
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030138049
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat