(4)ビール麦の簡易かつ迅速な品質評価技術の開発 ア.ビール醸造用品質の検定、評価法の開発

(4)ビール麦の簡易かつ迅速な品質評価技術の開発 ア.ビール醸造用品質の検定、評価法の開発

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S46〜
年度2007
概要目的:ビール醸造品質の検定を行う。また、ビール麦の醸造品質について効率的に検定・評価する技術の開発を行う。、成果:1008点について分析、検定し、選抜を行った。また、ビールの香味・老化性に関わるリポキシゲナーゼ活性のうちLOX-1を欠失した「大系LM1」の持つ原麦リポキシゲナーゼ欠失遺伝子(lox-1)に関するDNAマーカーを開発し、リポキシゲナーゼ欠失品種育成の選抜の効率化を図ることができた。 
研究分担ビール麦品質研究室
予算区分指定
業績(1)ビール大麦「サチホゴールデン」の高品質安定多収栽培法
(2)リポキシゲナーゼ欠失ビール大麦の作出
(3)二条大麦新品種「サチホゴールデン」の高品質・安定多収栽培法
(4)我が国のビール大麦品種におけるリポキシゲナーゼ活性の変異と新たな活性欠失突然変異系統の作出
(5)極低ポリフェノール大麦「関東二条41号」の製麦品質および農業特性
(6)ビールムギの品種と選択
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030138091
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat