(5)新形質付与等による市場価値の高いビール麦の開発 ア.極低ポリフェノール大麦を利用した機能性食材の新規用途開発

(5)新形質付与等による市場価値の高いビール麦の開発 ア.極低ポリフェノール大麦を利用した機能性食材の新規用途開発

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜19
年度2007
概要目的:栽培性の優れる極低ポリフェノール大麦品種を開発する。、成果:農業特性および精麦品質が優れるプロアントシアニジン(PAF)食用大麦「関東二条41号」を育成した。また、PAF大麦はその遺伝子の種類により穂発芽性の程度の差があることや、多くの実用的なPAF遺伝子系統は耐穂発芽性が劣り軽度の穂発芽により麦芽品質が変動することを明らかにした。加えて、穂発芽性を除き高品質ビール大麦品種ミカモゴールデン並の麦芽品質を持つ系統を数系統育成した。、
研究分担ビール麦育種研究室・ビール麦品質研究室
予算区分国庫補助(農林水産省)
業績(1)極低ポリフェノール大麦「関東二条41号」の製麦品質および農業特性
(2)新形質ムギの特性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030138092
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat