イ.にらえそ条斑病の発生生態の解明及び防除技術の確立

イ.にらえそ条斑病の発生生態の解明及び防除技術の確立

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H19〜22
年度2007
概要目的:にらえそ条斑病の発生生態を明らかにするとともに、本病に対する防除技術を確立する。、成果:にらえそ条斑病の病原ウイルスは、ニラでは全身感染するが、汁液伝染性は極めて低いことを明らかにした。また、媒介虫であるネギアザミウマの発生消長と本ウイルスの保毒虫率及び媒介虫率とほ場内でのえそ条斑病の発生との関係を明らかにした。
研究分担病理昆虫研究室
予算区分県単
業績(1)本県におけるアイリスイエロースポットウイルス(IYSV)の発生実態
(2)アイリスイエロースポットウイルス(IYSV)によるねぎえそ条斑病(新称)
(3)アイリスイエロースポットウイルス(IYSV)によるニラえそ条斑病(新称)の発生
(4)アイリスイエロースポットウイルス(IYSV)によるネギえそ条斑病(新称)
(5)栃木県の各種Allium属植物によるアイリスイエロースポットウイルス(IYSV)の発生状況
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030138097
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat