4.収益性の高い省力園芸生産システムの開発、(1)収益性の高い省力園芸生産システムの開発

4.収益性の高い省力園芸生産システムの開発、(1)収益性の高い省力園芸生産システムの開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜21
年度2007
概要目的:本県施設園芸の生産性向上のため、低コストな栽培資材の検索や施設・養液栽培システムの改良開発を行うとともに、施設内作業の省力・快適化を図る。、計画:(1)施設内生産環境改善法の開発、(2)養液栽培による低コスト安定生産技術の開発、期待される成果:施設栽培の生産安定と農作業の省力・軽労化が図られる。収益性が高く、省力的で快適な作業ができる園芸生産システムの開発。
研究分担経営情報研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030139111
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat