4.収益性の高い省力園芸生産システムの開発、(3)樹体ジョイント仕立て等果樹の新仕立て法の開発

4.収益性の高い省力園芸生産システムの開発、(3)樹体ジョイント仕立て等果樹の新仕立て法の開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜21
年度2007
概要目的:若返り更新に伴う育成期間をさらに短縮するために必要な超早期成園化技術の開発。樹形単純化による管理作業の省力化、剪定作業の簡易化。樹勢低下樹への苗木ジョイントによる樹勢回復技術の確立。ブドウの無核栽培を前提としたH・WH型短梢剪定技術の確立。台風被害が少なく、脚立作業の少ないカキの平棚栽培技術等、低樹高栽培技術の確立。、計画:(1)樹体ジョイント仕立て法の栽培特性の解明及び栽培システムの開発、(2)ブドウのH・WH型短梢剪定栽培技術の確立、(3)カキの低樹高栽培技術の確立、期待される成果:育成期間をさらに短縮するために必要な超早期成園化技術の開発(「幸水」定植4年目の初結実で3t/10aの収量を確保)、ナシ慣行栽培に対して剪定・誘引作業時間40%削減。ブドウ短梢剪定樹の新梢伸長を適切にコントロールし、高品質果実生産技術を確立する。カキ平棚栽培等の安全性を含めた管理作業の特性や収量、果実品質等の特徴を明らかにする。
研究分担果樹花き研究部、経営情報研究部
予算区分県単、受託
業績(1)Translocation of Nutrients inGrafted Japanese Pear‘Kosui’by‘Tree Joint’Method(接ぎ木ジョイントしたニホンナシ‘幸水’における樹体間養水分の移行)
(2)‘Tree Joint’Training System Enables Early Establishment of Japanese Pear Orchard(早期成園化が可能なニホンナシの樹体ジョイント仕立て法)
(3)樹体ジョイント仕立て法における剪定作業の労働性調査
(4)ナシの接ぎ木ジョイント樹における主幹切断が葉の光合成・蒸散速度に及ぼす影響
(5)樹体ジョイント法によるニホンナシ‘幸水’の超早期成園化技術開発(第4報)定植時に全ての主枝を確立したジョイント仕立ての樹の初期収量及び果実品質
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030139113
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat