土壌病害や有害線虫を駆除する土壌薫蒸作物の開発と利用方法の確立

土壌病害や有害線虫を駆除する土壌薫蒸作物の開発と利用方法の確立

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜22
年度2007
概要目的:農薬のみに依存しない新たな防除技術としてイソチオシアネート(ITC)含量の多いチャガラシ、クレオメを薫蒸作物として利用する方法を開発する。、成果:薫蒸作物の鋤き込みにより、トマト青枯病とネコブセンチュウの被害を軽減できたが、チャガラシ、クレオメの各種系統間で発病抑制効果が異なることが確認された。
研究分担基盤研究部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)チャガラシおよびクレオメの鋤込みによるトマト青枯病とネコブセンチュウの防除効果(第2報)鋤込み後のイソチオシアネート発生と土壌微生物群集構造への影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030139285
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat