環境に調和した総合的土壌管理技術の確立

環境に調和した総合的土壌管理技術の確立

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所園芸研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H19〜21
年度2007
概要目的:多肥栽培、堆肥の多投入の園芸作物生産において養分収支にみあった合理的施肥技術を開発し、また、いや地現象、連作障害に対し、無機栄養、アレロパシー物質の両面からの対策技術を確立し、環境負荷低減、連作障害回避、生産安定にむけた総合的土壌管理技術を確立する。、内容:(1)ユリ「スミ症」の原因解明と対策、  (2)野菜の養分収支に基づいた合理的施肥法、 (3)果樹の施肥法の違いによる窒素利用効率の解明と合理的施肥法、(4)アレロパシー物質の同定と生育阻害活性の把握、(5)アレロパシー物質の有効利用法の開発、期待される成果:(1)園芸作物の養分収支の把握と合理的施肥法開発による安定生産、環境負荷低減、畑地の健全化、安全な作物生産、 (2)各種生理障害の原因物質(無機養分、アレロパシー物質の特定と対策技術、 (3)アレロパシー物質利用による雑草、病害虫抑制効果、成果の受け渡し:県内指導機関、農業者ほか、残された問題点:継続実施 、 、 、、 
研究分担環境科
予算区分県単経常
業績(1)オリエンタル系ユリの花芽分化段階の制御による高温期の奇形発生軽減技術
(2)オリエンタル系ユリ球根の芽伸ばし処理が切り花品質に及ぼす影響(第2報)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030139317
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat