主要作物のカドミウム吸収抑制技術の開発

主要作物のカドミウム吸収抑制技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所園芸研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜19
年度2007
概要目的:主要農産物のカドミウム吸収抑制技術を開発する。、内容:(1)カドミウムの吸収資材の特性把握、(2)主要野菜のカドミウム吸収抑制技術の確立、期待される成果:基準を超えない野菜生産が可能となる。、得られた成果:(1)ある種の台木がカドミウム吸収が少ない。(2)アルカリ資材の施与右派吸収を抑制する。(3)土壌洗浄も吸収を抑制する傾向にある。、成果の受け渡し先:県内指導機関等、残された問題点:より低コストで効果的吸収抑制技術については新規課題において検討予定
研究分担環境科
予算区分国委
業績(1)スズメノナスビを台木とした接ぎ木栽培によるナス果実中カドミウム低減技術
(2)ナスの台木の違いによる可食部カドミウム濃度(6)
(3)水田土壌を対象とした化学洗浄法によるカドミウム汚染の浄化
(4)Remediation of Cadmium-contaminated paddy soils by washing with ferric chloride (FeCl3)IV:Effects of on-site soil washing on Cadmium uptake by taro
(5)スズメノナスビを台木とした接ぎ木栽培によるナス果実中カドミウム低減技術の開発
(6)水田土壌を対象とした化学洗浄法によるカドミウム汚染の浄化III
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030139328
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat