花きの高位安定栽培技術

花きの高位安定栽培技術

県名長野県
研究機関名長野県南信農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜22
年度2007
概要目的:シンフォリカルポス鉢物の草姿改善と実付き向上を目的に、わい化剤の処理方法等栽培技術を確立する。また、シクラメンの夜蛾科害虫に対する緑色蛍光灯の効果を確認し、アザミウマ類に対する生物農薬の効果を確認、化学農薬の使用を抑えた害虫防除技術を確立する。最初に新品種(平成19年導入品種)の特性を把握、品種選択の基礎資料とする。次に、収量及び品質向上のための適正茎葉管理方法を検討。また、補光と地中加温により生育を促進し低温期の収量性向上を図る。さらにヒペリカムの出荷は7〜8月に集中するため、労力分散と価格安定を目的に9月以降の出荷技術を確立、さらに有望新品目の収量、品質、栽培特性を把握し、新品目導入の参考資料とする。、成果:ウニコナゾールPの12.5倍液を20日間隔で3回茎葉散布することで鉢物化が可能であった。品種は「ホワイトヘッジ」で品質が優れた。 緑色蛍光灯は黄色蛍光灯と比較して、夜蛾科害虫に対する効果が劣った。生物農薬はアザミウマ類に対して効果が見られなかった。アルストロメリア新植年は「ロッシーニ」、「シャネル」等の品種で切り花収量や品質が優れ有望と考えられた。12月までは茎葉管理方法の違いによる収量の差は少ないが、1月以降は1株当たり40〜60本程度に茎葉を整理した区で収量と品質が優れた。「マジカルキッス」は6月下旬の芽整理と8月以降の電照を行うことで秋出荷が可能であった。他の品種は秋期の着果量が少なく秋期の収量は僅かであった。宿根草27品目、花木20品目について開花時期、切り花収量、品質及び花持ち期間を把握した。
研究分担栽培部
予算区分県単
業績(1)補光及び地中加温がアルストロメリアの生育に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030140375
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat