果樹火傷病の国内侵入防止と防除対策のための基盤研究、1.リンゴ及びナシ主要産地における火傷病類似症状の発生調査と原因究明

果樹火傷病の国内侵入防止と防除対策のための基盤研究、1.リンゴ及びナシ主要産地における火傷病類似症状の発生調査と原因究明

県名長野県
研究機関名長野県南信農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H18〜20
年度2007
概要目的:火傷病と類似病害を肉眼観察で識別できる資料を作成することを目標に、火傷病類似症状の発生調査を行い、症状の記録、写真撮影、病原菌等の原因を明らかにする。、成果:類似症状の多くは外的要因による傷害,胴枯病,輪紋病であった。平成19年も調査を継続し,ニホンナシに対しては類似症状が多く蓄積された。火傷病に酷似する枝枯れ症状を引き起こす原因菌,P. syringaeは花に対しても強い病原性を示した。一方,ナシ花腐細菌病菌(P. syringae)は枝に対して病原性を示さなかった。
研究分担病害虫土壌肥料部、果樹試病害虫土壌肥料部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)Pseudomonas syringae によるニホンナシ枝枯症状の発生
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030140379
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat