りん酸蓄積圃場の障害回避及び適正施肥技術、1.施設きゅうり圃場でのりん酸基準値の検討

りん酸蓄積圃場の障害回避及び適正施肥技術、1.施設きゅうり圃場でのりん酸基準値の検討

県名長野県
研究機関名長野県南信農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H19〜21
年度2007
概要目的:施設野菜では生産性向上のため化学肥料、堆肥等が多投され、りん酸成分が圃場に集積し可給態りん酸の過剰による微量要素欠乏や生理障害の誘発が懸念されている。このため、可給態りん酸が多いきゅうりに対し、土壌及び植物体の簡易りん酸診断を確立するとともに、窒素および加里成分を単肥混合する低コストな養液土耕栽培技術により、りん酸減肥と肥料コスト低減を図る。また、土壌中のリン酸レベルの異なる圃場でのきゅうりの収量、品質および養分吸収特性を比較して適正水準を把握する。さらに土壌のりん酸過剰の簡易診断法を確立し、土壌中のリン酸レベルの異なる圃場でのきゅうりの収量、品質および植物体リン酸濃度を比較、適正水準を把握する。また、簡易に植物体りん酸欠乏値を診断する方法を確立する。、成果:下伊那地域の現地きゅうり圃場の可給態りん酸をトルオーグ法と水浸出法で比較した。トルオーグ法で100mg/100gを超えた土壌では、水浸出法で10mg/100gを超え、植物に速やかに吸収されるりん酸が多量に含まれた。場内及び現地圃場の第14〜16節本葉ないし側枝葉のりん濃度と可給態りん酸量との関係を調べた。トルオーグりん酸が600mg/100g程度まではトルオーグりん酸が多いほど植物体中のりん濃度が高く、それ以上は一定で品種間差はなかった。
研究分担病害虫土壌肥料部、野花試野菜部・病害虫土壌肥料部、中信試畑作栽培部
予算区分県単
業績(1)リン酸成分を含まない液肥を用いたキュウリの溶液土耕栽培
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030140382
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat