花き底面給水栽培における病害防除技術の確立と病原菌の検出技術の開発

花き底面給水栽培における病害防除技術の確立と病原菌の検出技術の開発

県名岐阜県
研究機関名岐阜県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H17〜19
年度2007
概要目的:県内の主要な鉢花を対象に防除対策に苦慮している事例について病原菌の同定及び防除技術の開発を行う。また、遺伝子診断技術を活用した病原菌の迅速な検出・定量技術を開発する。、計画:(1)非溶出型抗菌資材等を活用した病害防除技術の開発 (2)遺伝子診断技術を利用した病原菌一斉検出手法の開発 (3)病害総合防除の実証、成果:県内企業と共同で除菌装置を開発し、現地施設へ試験的に導入した。また、水および土からの病原菌の検出技術について検討し、現地施設における病原菌の伝染経路を推定することができた。、
研究分担環境部
予算区分国庫補助(農林水産省)
業績(1)メンブレンフィルターを用いた水中の植物病原菌の検出
(2)鉢花のマット給水栽培における頭上かん水がPythium病害の発病に及ぼす影響
(3)Pythium and Phytophthora species associated with root and stem rots of kalanchoe
(4)ピシウム属菌による花き類の病害について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030140483
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat