スギ人工林の間伐による林内環境変化の把握

スギ人工林の間伐による林内環境変化の把握

県名岐阜県
研究機関名岐阜県森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H19
年度2007
概要目的:スギ人工林の間伐に伴う林内環境の変化を明らかにし、林床植生の多様化を考慮した管理技術を検討する。  成果:林分の現存量調査、成長量の調査と間伐後の林内の気温、地温、温度、日射量、植生を調査し報告した。スギ人工林環境に対する知見が得、技術移転。
研究分担森林環境部
予算区分受託(民間)
業績(1)間伐履歴の違いがスギ人工林の収穫に及ぼす影響
(2)間伐後3〜5年が経過したヒノキ人工林の下層植生
(3)スギ人工林の間伐による林内環境変化の把握
(4)間伐履歴の違いがスギ人工林の収穫に及ぼす影響
(5)下層植生が衰退したヒノキ人工林における間伐後2年間の下層植生の変化
(6)間伐がスギ人工林の炭素貯留に与える影響
(7)強度間伐は難しい(技術論として)
(8)収穫から間伐を見る
(9)炭素貯留から間伐を見る
(10)虫害から間伐を見る
(11)気象害から間伐を見る
(12)細い木は間伐で他の木より太くなる?
(13)間伐すれば森林の炭素の貯留量は増えるのか
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030140580
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat