森林施業等が材質形成に及ぼす影響の解明に関する研究

森林施業等が材質形成に及ぼす影響の解明に関する研究

県名静岡県
研究機関名静岡県農林技術研究所森林・林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H17〜19
年度2007
概要目的:森林施業や生育環境と材質形成との関係を解明し、用途に応じた良質な木材生産方法を検討する。、成果:若齢期に間伐を実施したスギ林分で、立木密度がヤング率に及ぼす影響は生長形質と比べ小さいことを明らかにした。
研究分担利用開発
予算区分国庫補助、(林野庁)
業績(1)スギ、ヒノキ人工林の間伐や植栽密度の違いが立木ヤング率に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030140849
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat