未利用資源を活用した新たなきのこ栽培技術の開発

未利用資源を活用した新たなきのこ栽培技術の開発

県名愛知県
研究機関名愛知県森林・林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H17〜19
年度2007
概要スギ樹皮などの未利用植物性資材について、エリンギ始め5種の菌床栽培への利用可能性を検討した。スギ樹皮とモウソウチクは、エリンギやヤナギマツタケ、ナメコでスギまたはコナラオガ粉の代替として利用可能であった。シイタケやマイタケについては、一部置換で利用可能と考えられた。ギンナン殻や鉛筆木くずは、エリンギやヤナギマツタケでスギまたはコナラオガ粉の一部置換での利用可能性が認められた。大豆皮やコーンジャームミール、エゴマミールは、エリンギやヤナギマツタケで栄養体の代替として利用可能と考えられた。
研究分担資源利用グループ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030141100
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat