東海地域における原油価格高騰対応施設園芸技術の開発

東海地域における原油価格高騰対応施設園芸技術の開発

県名三重県
研究機関名三重県科学技術振興センター農業研究部
課題種別試験研究課題
研究期間継18〜20
年度2007
概要野菜、花き、果樹等の施設園芸は、東海地域の農業において重要な地位を占めている。しかし、近年の中長期的、構造的要因に起因している原油価格の高騰は東海地域の施設園芸農家の経営を大きく圧迫している。省エネに関する技術開発は70年代のオイルショック時に盛んに取り組まれたものの、その後はほとんど研究が進展していない。そこで、原油高騰下に耐えられる強い施設園芸農家を支援するため、石油燃料使用量の30%以上の削減をめざす総合的・省エネ技術を開発し、総合的な技術として構築する。
研究分担園芸
予算区分受託(独法)
業績(1)シアナミド液剤処理が露地栽培ニホンナシ‘幸水’の開花に及ぼす影響
(2)シアナミド液剤処理が露地栽培ニホンナシ‘幸水’の開花に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030141170
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat