消費者評価の販売面での活用の実態と課題の抽出

消費者評価の販売面での活用の実態と課題の抽出

県名兵庫県
研究機関名兵庫県農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜20
年度2007
概要目的:岩津ねぎの消費者評価情報を用いて、産地での活用方法と課題を明らかにする。、計画:選択実験調査の結果を、シミュレーション分析、成果:葉先黄化ねぎは、25〜40%価格低下となる。県食品認証制度はこの傾向を緩和できる。
研究分担農業・作物経営機械部
予算区分県単
業績(1)伝統野菜の安定供給に対する消費者の支払意志額−兵庫県岩津ねぎの事例
(2)岩津ねぎの安定供給に対する消費者評価
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030141669
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat