有機減農薬ナスの安定生産技術の開発

有機減農薬ナスの安定生産技術の開発

県名岡山県
研究機関名岡山県農業総合センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完(H15〜19年度)
年度2007
概要目的:有機質肥料を用い農薬の使用を限定して、ナスを生産している産地では、苦土欠乏の発生、合成着果剤の使用制限、病害虫の多発などにより生産が不安定である。有機質肥料施用法の再検討、花粉媒介昆虫の周年利用技術を確立して、生産の安定化を図る。、成果:有機質肥料を動物性の物から油粕等植物性の物に替えると、土壌のアルカリ化が抑制でき、ナスの生育が改善すること、またマルハナバチ、ミツバチを利用するために留意すべき、ハウス温度管理に関する事項を明らかにするとともに、現地で改善技術を実証した。
研究分担野菜花研
予算区分県単
業績(1)ナスの促成栽培における日中加温が冬期の稔性花粉重量に及ぼす影響
(2)トマトの抑制栽培におけるキオビオオハリナシバチの受粉効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030142207
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat