ITを活用した発情検知システムの開発

ITを活用した発情検知システムの開発

県名岡山県
研究機関名岡山県総合畜産センター
課題種別試験研究課題
研究期間継、H18〜20
年度2007
概要岡山和牛繁殖雌牛の1年1産を実現するための手法としてITを活用した安価な発情検知システムを検討した。 発情検知センサーの装着については、H18年度に安定装着が可能な専用ベルトを開発(共同特許出願中)した。 また、発情検知の精度をより高めるようセンサー等の改良を行い、試験牛12頭、延べ25回の発情についてセンサーデータと録画画像による発情行動の照合等を行い、25回中17回の発情行動を検出した。 今後も無線強化等の問題解決を行いつつ、普及性が高く安価なシステムの確立に向け開発試験を継続する。
研究分担和牛改良部生産技術科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030142245
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat