果実輸出における害虫付着果及び食入果の流通阻止技術の開発(ミカンバエ被害低減のための総合防除と安全流通確保に関する研究)

果実輸出における害虫付着果及び食入果の流通阻止技術の開発(ミカンバエ被害低減のための総合防除と安全流通確保に関する研究)

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜21
年度2007
概要国内の高品質果実の輸出が増大するなかで,広島県産カンキツ果実の海外輸出が検討されている。しかし,広島県では検疫上問題となる害虫のミカンバエが急速に分布を拡大しており,早急な対応が求められている。、果実への害虫混入を限りなく0%に近づけ安定した輸出を確保するための技術開発を行う。
研究分担果樹
予算区分受託
業績(1)ウンシュウミカン樹内および園内におけるミカンバエ幼虫の分布について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030142350
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat