キウイフルーツの大規模栽培体系の確立

キウイフルーツの大規模栽培体系の確立

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜23
年度2007
概要目的:本県の育成品種を活用したキウイフルーツの大規模経営が行えるよう受粉作業、剪定作業などの高能率省力化技術を確立するとともに、産地間等による品質のバラツキを極力減らし、かつ、高品質で安定的菜生産が行えるよう適地条件に基づく適地マップの作成、樹体診断に基づく安定栽培技術を確立する。、成果:(1)樹体条件の解明‘さぬきゴールド’における着果量の違いが発根の時期及び量に及ぼす影響について調査した。その結果、着果量の違いにより発根量に大きな差がみられ、6月及び11月の発根量はいずれも着果多区において、発根量が少なかった。発根の時期には大きな差はみられなかった。根の累積伸長量は、着果少区で多く、最終的には着果多区と比べて倍以上の差となった。 (2) 制御技術の開発、環状剥皮の処理時期が‘さぬきゴールド’の果実品質に及ぼす影響を調査した。その結果、追熟後糖度,果肉色の向上の面から,8月15日の処理が特に有効であったが、その他の時期の処理区においても無処理区に比べ効果が高いことが明らかになった。、
研究分担府中分場
予算区分県単
業績(1)これからのキウイフルーツ
(2)面白く儲かるキウイ栽培(第1回)
(3)面白く儲かるキウイ栽培(第2回)
(4)マタタビ属種間雑種‘讃緑’および‘香粋’における各種の受粉が果実形質ならびに種子形成に及ぼす影響
(5)開花期の早いキウイフルーツ品種の受粉に適する雄品種の選抜
(6)雄選抜系統の部分接木によるマタタビ属種間雑種‘香粋’の自然受粉の検討
(7)話題の品種「さぬきゴールド」
(8)開花期の早いキウイフルーツ品種の受粉に適する雄品種の選抜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030142720
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat