カンキツ経営安定のための連年果実生産システムの確立

カンキツ経営安定のための連年果実生産システムの確立

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜19
年度2007
概要目的:隔年結果等による生産量の年次変動が著しく、経営の不安定化と収益性低下に対応するため、既往の研究成果を活用するとともに新技術の開発を行い、連年果実生産システムを構築する。、成果:高水圧剥皮機の水圧を利用した土壌改良により、ドリップかん水用のチューブを切断することなく、軽労的に土壌改良が可能で、収量の増加が図られ、隔年結果も軽減されることを認めた。
研究分担府中分場
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)ワセウンシュウのドリップかん水栽培園地における高水圧剥皮機を用いた土壌改良
(2)果実品質向上のための営農指導システムとGIS利用
(3)温州ミカンの土壌改良法
(4)カンキツの高収益生産事例
(5)一人で作業できるプレカットシートによる傾斜地ウンシュウミカン園での部分マルチ
(6)高品質生産のための地理情報システム(GIS)を用いた園地評価
(7)温州ミカンの糖度予測システム
(8)運搬作業軽労化のための温州ミカンの大苗育苗
(9)高水圧剥皮機を利用した土壌改良法
(10)早生温州のマルドリ栽培における高水圧剥皮機を利用した土壌改良
(11)高水圧剥皮機を利用した土壌改良法とその効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030142732
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat