上場地域におけるネギアザミウマと同種が媒介するIYSVの生態解明による防除技術の確立

上場地域におけるネギアザミウマと同種が媒介するIYSVの生態解明による防除技術の確立

県名佐賀県
研究機関名佐賀県上場営農センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2007
概要目的:ネギアザミウマと同種が媒介するウイルス病の効率的な防除技術を確立するために、発生生態の解明と防除試験を行う。 成果:(1)2007年のタマネギえそ条斑病の発生は、集落付近の中晩生品種で多く,IYSV感染ネギが存在する家庭菜園に近いほど多発した。(2)家庭菜園のネギがIYSVに感染し、発生地域内のネギ上で保毒虫がほぼ周年寄生していた。(3)光反射ネットと保毒虫飛来期の殺虫剤散布の組み合わせによりトルコギキョウえそ輪紋病の発生を著しく低く抑えた。
研究分担研究部、畜産・果樹研究担当
予算区分県単
業績(1)反射ネット設置と保毒虫の飛来に合わせた殺虫剤散布によるトルコギキョウえそ輪紋病の防除
(2)2007年の唐津市呼子町加部島におけるタマネギえそ条斑病の発生状況とその伝染源
(3)タマネギえそ条斑病の多発要因と本病がタマネギの生育および収量に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030143385
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat