農薬耐性菌検定事業

農薬耐性菌検定事業

県名佐賀県
研究機関名佐賀県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S50〜
年度2007
概要(目的)前もって、耐性菌の出現を察知することで、そうゆう事態を未然に防ぎ、同時に耐性菌が出現しにくい防除体系を確立する。 (計画) カンキツ灰色かび病菌に対するトップジンM水和剤,ベンレート水和剤,ロブラール水和剤,ナシ黒斑病菌に対するポリオキシン水和剤,ナシ黒星病菌に対するベンレート水和剤,EBI剤,ブドウ黒とう病菌に対するトップジンM水和剤,ベンレート水和剤の感受性検定を県内各地域から採集した菌株について行う。 (期待される成果)防除効果を高め、無駄な防除費用を抑える。
研究分担病害虫研究担当
予算区分国庫補助(農水省)
業績(1)ナシ黒星病の防除で使用するDMI剤'ジフェノコナゾール水和剤'に対する各種薬剤の混用が防除効果に及ぼす影響(講演要旨)
(2)ハウスミカンの果実腐敗を引き起こすこうじかび病菌Aspergillus nigerのイミノクタジン酢酸塩およびベノミルに対する感受性と両剤の混用による抗菌活性の増大(講演要旨)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030143455
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat