飲む人・作る人に安心な茶生産技術の開発

 飲む人・作る人に安心な茶生産技術の開発

県名長崎県
研究機関名長崎県総合農林試験場
課題種別試験研究課題
研究期間H18〜20
年度2007
概要 消費者の食の安全・安心および健康への関心が高まっています。特に茶は温湯で抽出して飲用するため、農薬の使用に不安を持つ消費者も多く、生産者が基準を守っても厳しい評価があります。県産緑茶の消費を推進するためには消費者に信頼される安全安心な茶を生産し、他産地との差別化を図る必要があることから、消費者・生産者ともに安心できる減農薬、減肥生産技術を確立します。
研究分担東彼杵茶業支場
予算区分都道府県単
業績(1)茶難防除害虫クワシロカイガラムシのメッシュ気象情報を活用した防除適期予測法の現地適合性と天敵相の解明
(2)茶園におけるタカラダニのチャノミドリヒメヨコバイに対する寄生行動
(3)乗用型防除機を活用した液肥施用が茶芽の生育と品質に与える効果
(4)アリマキタカラダニの茶重要害虫チャノミドリヒメヨコバイに対する寄生行動
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030143540
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat