粒剤等低飛散性薬剤を基軸とした海外飛来性ウンカ類のドリフト低減防除体系の確立

粒剤等低飛散性薬剤を基軸とした海外飛来性ウンカ類のドリフト低減防除体系の確立

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H19〜H21
年度2007
概要目的:薬剤抵抗性を獲得したトビイロウンカおよびセジロウンカに対して粒剤を主体とした防除体系を確立する。成果:主要な箱施薬剤の残効期間、イミダクロプリドとフィプロニル混合粒剤やフィプロニル粒剤とネオニコチノイド剤潅注処理の組み合わせの防除効果を明らかにした。
研究分担生産環境・病害虫
予算区分県単
業績(1)イネウンカ類の発生予察・防除の現状と問題点
(2)2005年に飛来したトビイロウンカに対するイミダクロプリド剤およびフィプロニル剤の苗箱処理の残効
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030143704
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat