トマトの総合的防除体系を支援するトマト黄化葉巻病の発生予察技術の開発

トマトの総合的防除体系を支援するトマト黄化葉巻病の発生予察技術の開発

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H17〜H19
年度2007
概要目的:トマト黄化葉巻病の防除対策を効率的に実施するために必要な予察技術を確立する。、成果:産地内に設置したトマト苗を設置することで、タバココナジラミのTYLCV保毒虫率を調査することが可能であること、産地全体でトマトの非耕作期間を1カ月以上設定することで保毒虫率が急激に低下することを明らかにした。
研究分担生産環境・病害虫
予算区分県単
業績(1)Tomato yellow leaf curl virus感染葉でのウイルス蓄積量とタバココナジラミ保毒率との関係
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030143706
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat