受精卵移植と遺伝子診断技術の融合による優良種雄牛候補の作出

受精卵移植と遺伝子診断技術の融合による優良種雄牛候補の作出

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県農業開発総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜H22
年度2007
概要効率的に優良種雄牛候補を作出するために,胚を多数作出する手法を確立し,雌雄,遺伝病,経済形質(増体・脂肪交雑・ロース芯面積等)などの複数の遺伝子診断を行うための細胞採取法及び胚診断法の確立を行う。
研究分担肉改研
予算区分県単
業績(1)着床前牛胚における複数遺伝子型診断の検討
(2)鹿児島県における牛胚移植技術と種雄牛造成
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030144422
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat