パヤオ周辺でのマグロ類の行動と餌料環境調査

パヤオ周辺でのマグロ類の行動と餌料環境調査

県名沖縄県
研究機関名沖縄県水産海洋研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H17-19
年度2007
概要目的:パヤオ周辺でのキハダ・メバチの遊泳生態及び集群機構を解明し、効率的な漁業と合理的なパヤオ漁場造成に関する調査を行う。特にパヤオでの餌料環境特性、さらに餌料環境と滞在期間、移動、周期的な蝟集行動との関係を明らかにする。、成果:パヤオ周辺の小型マグロ類の胃内容物に、沿岸性魚類の仔魚がみられ、沿岸からパヤオ周辺に輸送されたものを摂餌していることがうかがえた。
研究分担本所
予算区分県単
業績(1)与那国島のパヤオにおけるマグロ類の行動II
(2)与那国島パヤオ周辺のDSL(深海散乱層)の分布特性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030144663
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat