ニ−ズに対応した道産小麦の開発促進、2.2)各種雪腐抵抗性品種の開発促進

ニ−ズに対応した道産小麦の開発促進、2.2)各種雪腐抵抗性品種の開発促進

県名北海道
研究機関名北海道立上川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜21
年度2008
概要 多雪地帯での秋まき小麦栽培安定化のため、育成系統の雪腐褐色小粒菌核病抵抗性を検定する。、 系統初年目802系統、系統2年目903系統、生予初年目361系統、生予2年目80系統を供試した。いずれも菌核病菌接種、無防除。、 「ホクシン」並から強い抵抗性を有すると推察される系統が多かった。1組合せでは抵抗性の強い系統の割合が高かった。、生予供試の4系統が極強と認められ、強またはやや強の系統も多数であった。
研究分担畑作園芸科
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030144832
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat