道産野菜における硝酸塩低減栽培法

道産野菜における硝酸塩低減栽培法

県名北海道
研究機関名北海道立上川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜20
年度2008
概要 作土層に加えて下層土の残存窒素を評価した施肥改善を行い、栽培法を組み合わせてクリーン野菜の低硝酸塩化技術の開発を行う(分担作目「みずな」)。、1)場内窒素施肥量試験では、窒素施肥量の増加に伴って総収量は増加し、窒素施肥量0.9〜1.2kg/aで頭打ちとなった。硝酸含有量は窒素施肥量0kg/aでは少なかったが、窒素施肥量の増加に伴って増加した。収穫時の土壌硝酸態窒素は施肥量の増加に伴い徐々に増加し、窒素施肥量1.5kg/aで急激に増加した。2)現地窒素施肥量試験では、収量の点からは、窒素施肥量0.6〜0.9kg/aが適正な施肥量と考えられた。収穫時の土壌硝酸態窒素が多いと、みずなの硝酸含有量が多い傾向が認められた。生産者ハウス2か所では、0.9、0.6、0kg/aの窒素施肥量を継続することで、収穫時の土壌硝酸態窒素が慣行施肥に比べて減少した。3)品種及び栽植密度が硝酸含有量に及ぼす明らかな影響は認められなかった。、
研究分担畑作園芸科
予算区分道事業
業績(1)ミズナの品種特性および栽植密度と草姿の関係(第2報)夏どり作型における検討および総合解析
(2)北海道の野菜づくり 品目別栽培のポイント キャベツ・はくさい・みずな・レタス
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030144840
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat