クジラ肉の栄養・機能性成分の解明とチルド流通技術の開発

クジラ肉の栄養・機能性成分の解明とチルド流通技術の開発

県名北海道
研究機関名北海道立釧路水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜
年度2008
概要目的:鯨類捕獲調査副産物(赤身肉)の消費拡大を図るため、クジラの生物学的特性と筋肉中の成分の関係を把握するとともに、鮮度とチルド(低温)保管条件の関係を明らかにし、調査副産物を安定した品質で流通させるための条件を確立する。 成果:(1)鯨赤身肉及び脂皮の栄養・機能性成分について鯨種間の違いやミンククジラの捕獲場所、時期による成分的特徴を明らかにした。(2)生鮮鯨肉の品質保持には初発菌数、初期貯蔵温度、酸素の遮断が重要であることを明らかにした。また、凍結鯨肉を超高圧処理することにより解凍硬直及びドリップの発生が抑制されることを確認した。
研究分担加工部
予算区分受託(民間)
業績(1)鯨類捕獲調査で得られた鯨類体内におけるイミダゾールジペプチド類の比較(短報)
(2)冷凍クジラ肉の超高圧処理について
(3)鯨肉の超高圧処理について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030145388
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat